低予算でもきれいなシャワー

結婚式では、ゲストも一緒に参加するタイプの演出があるとかなり盛り上がりますよね。大人だけではなく、子供も参加しやすいのが挙式の最後にあるシャワー演出です。実際に投げる花びらやライスだけではなく、機械で作るシャボン玉まで色々ありますが、最近はリボンシャワーというものまで登場しました。これはリボンをそのまま投げるのではなく、小さく蝶々結びにしたリボンを使います。小さな容器などに一人分のリボンを入れた状態で配るようにしましょう。最初から結ばれたリボンには、縁結びなどの意味が込められています。あくまでも演出用の小道具なので、わざわざ上質なリボンを用意する必要はありません。手芸ショップなどで売られている、低価格のもので充分でしょう。リボンシャワーを成功させるポイントは、様々な重さのリボンを用意することです。その方が、ゲストが投げたリボンの滞空時間がバラバラになってシャワーがきれいに見えますよ。

挙式のラストにリボンが大活躍!

リボンシャワーと同様に、挙式のラスト用の演出として広まっているのが、リボンワンズです。スティックの上の部分にリボンを固定したアイテムをゲスト全員に渡しておいて、新郎新婦が退場する時に振ってもらいます。とても簡単なルールなので挙式演出として取り入れやすいことと、スティックに個性を出しやすいことで、今プレ花嫁たちの間で人気なんですよ。リボンワンズに造花をプラスしたフラワーワンズというものもあります。スティックにメッセージをカードを付けたり、鈴などをつけるのもおすすめです。

福岡の結婚式場でおすすめなエリアは博多周辺と天神周辺です。博多は交通機関が充実しているためアクセス抜群です。天神には二次会に使用できる会場が多くありますし、博多からもバスが出ていて便利です。