自分の着たいドレスと結婚式に最適なドレスは違う?どうやって選べばいいの?

ウエディングドレスのカタログを観察しよう

ウエディングドレスを探すことになったら、まずはどんなデザインがあるのかカタログなどをじっくり見てみましょう。そのデザインに一定の傾向やパターンがあることがわかるはずです。まずはドレスのデザインについての知識を深めてみてください。ウエディングドレスの基本的なデザインはいくつかあります。王道タイプはAラインやプリンセスラインです。Aラインの方はドレス全体もシンプルなデザインになっていて、ハイウエストなので背が高く見せることができます。プリンセスラインは華やかさや派手さを求める人にぴったりです。マタニティドレスとしてもよく着られていますね。女性特有の曲線美を最大限活かしたドレスがいいなら、マーメイドドレスがいいでしょう。スカートの裾の部分が、人魚の尾びれの方に大きく広がっています。胸の下からスカート部分に切り替わっているのが、エンパイアラインです。背の低い女性と相性がいデザインといえます。他には細身の女性用のスレンダーラインもあります。

式場や挙式スタイルとドレスの雰囲気を揃えよう

その結婚式の参加者から見て、花嫁さんが魅力的だったとか、雰囲気が素敵な結婚式だったと思ってもらうためには、ドレスと式場などに統一感を出す必要があります。大きな結婚式場ならドレスも派手な方が見劣りしませんし、少人数制のアットホームな結婚式なら細部までじっくり観察されるので、生地やディティールにこだわったドレスがおすすめです。挙式スタイルや照明の有無、歩きやすさも考えておきたいですね。

格調高い神社での挙式を考えている方に人気なのが鶴岡八幡宮で結婚式です。挙式後の披露宴会場などの紹介も必要ならしてくれるので安心です。