条件に合うウェディングドレスを選べる式場を探そう

式場ごとのウェディングドレスの種類に注目しよう

結婚式や披露宴で着用するウェディングの種類にこだわりがあれば、様々なデザインのドレスが扱われている式場を探すことが何よりも大切です。

特に、ウェディングドレスのレンタル料金が安い結婚式場は、多くの若い世代の女性から関心が集まっており、早いうちから担当者と衣装に関する打ち合わせをすることがポイントです。

ウェディングドレスの着こなし方に関して迷っていることがあれば、経験豊かなプランナーに質問をしたり、各地の式場で挙式をしたカップルの事例をチェックしたりすることが効果的です。

その他、ウェディングドレスの質の良さを重視するうえで、式場の見学会の際に担当者から説明を受けることがおすすめです。

結婚式のためにオリジナルドレスを作るには

結婚式の演出に工夫をするうえで、予算に少しでも余裕がある場合には、オリジナルドレスの製作をすることが効果的です。

とりわけ、シルクをはじめとする高級感のあるオリジナルドレスは、光沢やデザインが優れているだけでなく、肌触りが良いことが人気の理由といえます。

また、オリジナルドレスの販売実績が豊富な専門業者の担当者からアドバイスを受けながら、人気のあるカラーやデザインの選び方について理解を深めることがおすすめです。

一般的に、オリジナルドレスの製作費用は、数十万円から百万円程度になることがありますが、依頼先によって費用に大きな差が出るため、まずは良心的な価格で対応をしてくれる業者をいち早く探すことがポイントとなります。

ウェディングドレスは主に結婚式で花嫁が着る衣装です。花嫁の清純さを表現するため、白色というイメージが強いですが、最近では桃色や水色の衣装を用意する式場も増えてきているようです。

白い幻想の夜!生花でない花を主役にしたアットホームウエディング

生花を使う以上の華麗さ

オリジナルウエディングをするのなら生花を使わないちょっぴり変わった結婚式もいいでしょう。フェルトやレース、ファーや毛糸などの生花でない素材で花を作って会場を飾り付けていきます。生花を一切使わないだけに会場の雰囲気はこれまでに見たことのないものとなり、親しい友人だけを招待してアットホームな結婚式をしたい時や親族だけでささやかに行いたい、あるいは海外ウエディングの時にもふさわしい演出となるでしょう。冬にレストランで夕刻からスタートさせるときにもぴったりですよ。

いろいろな素材でブーケを

フェルトやコットンレースを使って生の花では作れない魅力のつまったブーケを作ってみましょう。分厚いフェルトで丸い小さな円を20から30個つくり花びらにして、緑のフェルトで葉っぱをつくって、クルミボタンやビーズを花芯にします。ポイントは立体感で、どうしたら花のように見えるのか重ねたりねじったりいながらまとめていきましょう。また、レースのクロスやリボンから花の部分だけを切り取り、それをワイヤリングして白いテープでまとめ、花芯はパールビーズを使います。ブーケのようにまとめる時にはできるだけ上下に差をつけて凹凸を強く強調するようにまとめると立体感が出てくるでしょう。ほかにも毛糸だけで作ったブーケは小花と葉の部分だけを編み、毛糸でぐるぐると巻いた小玉をそれに添えていくだけなので簡単ですよ。質感の違う毛糸と少しずつ色味の異なる毛糸を組み合わせて作ってみましょう。ちょっとした工夫でブーケらしい立体感が生まれますよ。

少人数の結婚式なら東京で探す方法がおすすめです。ホテルの小ホールやゲストハウスでも披露宴を受け付けていますから、選択肢は豊富です。

こんなの素敵!こだわりの結婚式場選びのポイント

自然を感じることができる場所での結婚式

都会で過ごしていると、自然溢れる場所での挙式に憧れる人もいるでしょう。青い空と青い海、緑の木々に囲まれた結婚式場は普段見る景色とはまったく違います。美しい景色をバックに最高の写真が撮影できることも大きなメリットでしょう。綺麗な空気の中で最高に幸せな時間をみんなで過ごすことができるはずです。

自然溢れる結婚式場で挙げる場合には、交通アクセスや雨天の場合どうなるかについて事前によく確認しておきましょう。最寄り駅まで送迎バスが出ている式場であれば、ゲストの人も来場しやすいです。雨が降っても、窓から景色を見ながら屋内で挙式できる所が良いですね。離島などリゾート地での結婚式を考えるのであれば、家族だけでの挙式になる可能性が高いです。その場合は後から地元で、友達や職場の人を呼んでミニウエディングパーティーなどを開催するのもひとつの方法です。

美味しい料理が満喫できる結婚式場

結婚式はお世話になっているゲストの人たちに感謝の気持ちを込めておもてなしをして楽しんで欲しい。また自分達も美味しい料理を食べたい・・・そう考えるのであれば、名コックが腕を振るう料理自慢の結婚式場がおすすめです。

ホテルの式場でも料理が美味しい所はたくさんありますが、料理にこだわりたいのであればレストランウエディングを考えましょう。結婚式ができるレストランは、外観や宴会場もおしゃれな所が多いです。事前にブライダルフェアの試食会に行って料理を食べてみると、料理の味は勿論、式場の雰囲気も分かりやすいでしょう。

レストランでの結婚式は、アレルギーなどに対応するメニューを考えてくれる所もあります。お子様やお年寄りの方も安心して美味しく食べることができるのも魅力ですね。

ある程度気になる福岡の結婚式場が見つかったら、結婚式場を見学して見積りをとってもらいましょう。自分の理想とする結婚式を挙げるのにどのくらいの予算がかかるのかを把握することが出来ます。

欧米では一般的なスタイルのシビルウエディングをしてみたい!

最近流行している人前式の一種です

挙式スタイルの一つに人前式というものがあります。最近徐々に知名度が高まっているスタイルですよね。シビルウエディングとは、海外でよく行われている人前式のスタイルなんですよ。海外のドラマや映画をよく見る人なら、カップルが裁判所に行って簡単な手続きを済ませて、法的な夫婦になるシーンを見たことがある人は多いと思います。そのようなシーンで描かれている通り、裁判所や市役所で婚姻届けを提出し、立会人の元で行う結婚式のことを言うんですよ。立会人がいれば結婚式の場所はどこでも構いません。宗教や形式などに左右されることなく、当事者二人が自由に結婚式の内容や流れを決めることができます。日本でもシビルウエディングを行うことは可能です。北海道や東京などの自治体の一部では、役所に届け出を出した後に職員が立会人を務めてくれる、いわゆる届け出挙式を行えます。やってみたい人は相談してみましょう。

シビルウエディングをしたい!

日本ではまだ見慣れないスタイルであるシビルウエディングですが、一体どうやって行えばいいのでしょうか。届け出挙式は簡単にできて便利ですが、まだ全国的には対応していないところの方が多いですよね。まずは立会人をしてくれる人を探すことが必要です。立会人の資格を持っているスタッフを派遣してくれるブライダルプロデュース会社もありますし、シビルウエディングが可能な結婚式場も増えています。これらの会社や式場の力を借りることで、立会人の問題が解決しますね。

白金の結婚式場は、関西に本社を置いているグループ会社のホテルで行うことができ、駅からも近いため便利です。

自分の着たいドレスと結婚式に最適なドレスは違う?どうやって選べばいいの?

ウエディングドレスのカタログを観察しよう

ウエディングドレスを探すことになったら、まずはどんなデザインがあるのかカタログなどをじっくり見てみましょう。そのデザインに一定の傾向やパターンがあることがわかるはずです。まずはドレスのデザインについての知識を深めてみてください。ウエディングドレスの基本的なデザインはいくつかあります。王道タイプはAラインやプリンセスラインです。Aラインの方はドレス全体もシンプルなデザインになっていて、ハイウエストなので背が高く見せることができます。プリンセスラインは華やかさや派手さを求める人にぴったりです。マタニティドレスとしてもよく着られていますね。女性特有の曲線美を最大限活かしたドレスがいいなら、マーメイドドレスがいいでしょう。スカートの裾の部分が、人魚の尾びれの方に大きく広がっています。胸の下からスカート部分に切り替わっているのが、エンパイアラインです。背の低い女性と相性がいデザインといえます。他には細身の女性用のスレンダーラインもあります。

式場や挙式スタイルとドレスの雰囲気を揃えよう

その結婚式の参加者から見て、花嫁さんが魅力的だったとか、雰囲気が素敵な結婚式だったと思ってもらうためには、ドレスと式場などに統一感を出す必要があります。大きな結婚式場ならドレスも派手な方が見劣りしませんし、少人数制のアットホームな結婚式なら細部までじっくり観察されるので、生地やディティールにこだわったドレスがおすすめです。挙式スタイルや照明の有無、歩きやすさも考えておきたいですね。

格調高い神社での挙式を考えている方に人気なのが鶴岡八幡宮で結婚式です。挙式後の披露宴会場などの紹介も必要ならしてくれるので安心です。

調べておきたい点がありすぎて大変!?ブライダルフェアで式場チェック!

イメージに近い結婚式にするためにも

結婚式場を絞る段階で、ブライダルフェアに参加するカップルは非常に多いと思います。やっぱり直接自分たちで確かめないと分からないことってありますよね。式場の担当者が待機しているので、直接質問して疑問を解決できるのもメリットです。一回のブライダルフェアにかかる時間は、長い場合で三時間くらいと言われています。長いように見えて、いろいろ見ているうちにあっという間に時間が過ぎていくので、自分たちの中でどの点を確認するべきか、事前に打ち合わせをしておきましょう。挙式も披露宴も、自分たちの理想を詰め込んだものにするには、会場のことをしっかり把握しておかなくてはいけません。どんな演出が可能か、BGMはどんな曲が使用可能かなど、チェックするべきポイントは一杯です。大半のブライダルフェアでは模擬挙式が可能なので、実際にやってみてはいかがでしょうか。

披露宴会場の様子はどうなの?

挙式を終えた後は、式場内の披露宴会場に移動することになります。多くの人に見守られながら、盛大な披露宴を行うことになりますが、挙式会場よりも確認しておきたいことがたくさんあるんですよ。会場内のテーブルの数や一台のテーブルに何人配置できるのか、式場スタッフに聞いておいてくださいね。招待する人数に直接関係します。テーブルのデコレーションにこだわりたい方は、この点も調べておく必要があります。披露宴会場ではゲストが余興を行いますが、歌や踊りなどを披露する人がいた時の為に、楽器やカラオケなどの設備と料金も聞いておきましょう。

週末のデートを兼ねてブライダルフェアへ行くのも良いです。料理の試食やドレスの試着をすることで結婚に対する意識も加速します。